カート

ログイン

会員登録

  • 最短翌日出荷
  • 宛名印刷0円
  • 投函(郵便局持込)代行サービス0円
  • 1枚から印刷OK
  • JALのマイルが2倍
  • 各種支払い対応
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくいただくご質問

  • No : 29667
  • 公開日時 : 2020/09/21 16:10
  • 更新日時 : 2022/10/09 14:05
  • 印刷

12月末に身内が亡くなり、喪中はがきを出せなかった。どうすればいいか教えてほしい

回答

12月末に急遽喪中になったなど、喪中はがきの準備が間に合わなかった場合は、
状況が落ち着いてから寒中見舞いを出されるとよいでしょう。
 
こちらが喪中であることを知らないため、年賀状をいただくこともあると思います。
その際は「年賀状を頂いたお礼」を添えて寒中見舞いを出しましょう。
 
ご注文はこちらから・・
 
<例文>
 
ご丁寧な年頭のご挨拶をいただきまして 誠にありがとうございました
皆様ご健勝でお過ごしとのご様子 なによりとお喜び申し上げます
昨年●月 ●●(享年●歳)が他界いたしましたため 
年頭のご挨拶を遠慮させていただきました
旧年中にお知らせするべきところ遅くなり大変失礼いたしました
本年も皆様にとりまして良い年でありますよう 心よりお祈りいたしております
令和●年 ●月
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
昨年末に●●を亡くしまして ただいま服喪中のため
年始のご挨拶を欠礼させていただきましたこと お詫び申し上げます
くれぐれもご家族の皆様には
お体を大切にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます
令和●年 ●月

アンケート:ご意見をお聞かせください

  • 早期割引最大50%OFF
  • 13時までの注文で最短翌日出荷
  • 日本全国どこでも送料0円
  • 選べる支払い方法

スタッフ一同

「故人を思い出す素敵なデザイン」「イメージ通りの仕上がりに大満足」「届いた方にも好評」など、
お客様からお褒めの言葉を多数頂戴しています。

ご希望枚数の価格を見ながら選べます。
まずはこちらからデザインを探してみてください。

デザイン一覧へのリンクはこの下にあります

会員登録不要・価格を見ながらデザインを選べます デザインと価格を見る