カート

ログイン

会員登録

  • 最短翌日出荷
  • 宛名印刷0円
  • 投函(郵便局持込)代行サービス0円
  • 1枚から印刷OK
  • JALのマイルが2倍
  • 各種支払い対応
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくいただくご質問

  • No : 34510
  • 公開日時 : 2018/10/26 16:22
  • 更新日時 : 2022/10/09 13:55
  • 印刷

寒中・余寒見舞いはがきの基本的なマナーを知りたい

回答

毎年、冬になると送られてくる余寒見舞いや寒中見舞い。
最近は年賀状や喪中はがきの代わりとされる方も増えました。
 

「余寒見舞いや寒中見舞いってどういうときに出すの?」「いつまでに出すの?」

「どんな内容を書けばいいんだろう?」など、お困りの方も多いようです。

 

そんな疑問をお持ちの方のために、寒中見舞い・余寒見舞いの基礎知識とマナーをまとめました。

 

余寒見舞いや寒中見舞いはがきの基本マナーについて

 

●どういうときに出すの?

 

例えば…

・自分が喪中で、年始の挨拶ができなかったとき

・年賀状を出さなかった相手から年賀状が届いたとき

・喪中の人に宛てて挨拶状を送りたいとき

・季節のグリーティングカード、ご機嫌伺いとして

・相手が喪中と知らずに年賀状を出していたことが分かったときのお悔やみとお詫び

・この時期の結婚・出産、進路など節目の報告、近況報告

このようなシーンで、余寒見舞いや寒中見舞いはがきはご利用いただいています。

 

●いつまでに出すの?

 

寒中見舞いを出すのは、松の内(1月1日〜7日・関西など一部地方では〜1月15日)が明けてから立春の前日2月3日までになります。

 

 

余寒見舞いは、暦の上では春になっても寒さが続いている時期に出すもので、いつまでに出すかは厳密に決まっていません。

一般的には2月末までに交わされますが、寒い地方宛であれば、3月上旬頃まで出されることもあります。

 

●どんな内容を書けばいいの?

 

 

さらに、個々の事情に合わせて頂いた年賀状へのお礼や、喪中の方へのお悔やみの言葉などを添えると良いでしょう。

 

年賀状と同様、句読点は使用しません。相手もしくは自分が喪中の場合、

「おめでとう」や「お慶び」といった言葉の使用は避けるようにしましょう。

 

ご注文はこちらから・・

寒中見舞いはがき印刷の専門店

アンケート:ご意見をお聞かせください

  • 早期割引最大50%OFF
  • 13時までの注文で最短翌日出荷
  • 日本全国どこでも送料0円
  • 選べる支払い方法

スタッフ一同

「故人を思い出す素敵なデザイン」「イメージ通りの仕上がりに大満足」「届いた方にも好評」など、
お客様からお褒めの言葉を多数頂戴しています。

ご希望枚数の価格を見ながら選べます。
まずはこちらからデザインを探してみてください。

デザイン一覧へのリンクはこの下にあります

会員登録不要・価格を見ながらデザインを選べます デザインと価格を見る